CROSS 矢島 慎嗣のちょっと真面目なブログ☆

滋賀県東近江市でCROSS hair × scalpというヘアサロンを経営しています。 こちらのBlogでは美容・仕事について少し真面目な記事を書く場所とさせて頂きます☆

タグ:高校生




美容師になりたい高校生がサロン見学に来てくれました!


最近、思うのが

楽しいことを教えるよりは…


現実を見せることが大事かと思います。

正直、美容師がすべてではないですし、まだまだ若い子には選択肢はたくさんあります。

その中で、美容師という仕事に興味をもった。

ただ、それだけなのです。

憧れてなった。

ノリでなった。

選択した理由はいろいろあるにせよ、現実を見てチョイスしたわけではなく

雰囲気や表に出てる話しや

目に見えることのみで判断する。

そして、現実と理想のギャップがあり退職へ…


雇用者、先輩スタッフ、本人。 


誰も得をしない負のスパイラル…


そんなことにならないように微力ですがサロンワークを見せる!っということで

より、明確な判断ができるようにしてもらうと共に

既存スタッフの負荷を軽減できたらと思っています。


いつでもサロン見学は来てもらえるようにしていますので

興味のある方はお問い合わせください⭐︎


では!




 




11月3日の小学生の職場体験のイベントにスタッフとして

美容学生と将来美容師になりたい高校生に来てもらっていました。


専門学生の子にはたくさんの美容師や元美容師と会話すること。

自分の技術でお客様(今回は小学生)に喜んでもらうこと ができたという体験。


やりがいと現実みたいなものを感じてもらいたかったですね!

打ち上げの時も先輩の今までの経験や体験を聞くことができてよかったかなっと。


高校生に関しては当日、受付や雑用等をしっかりこなしてもらい

午後からは小学生にスタイリングを教えたり

僕の巻き髪のデモンストレーションの補助もやってくれました。

美容業界という大きなものを少しずつ噛み砕いて見てもらえたかなっと。

高校生と美容師の巻き髪のスピードとクオリティの違い⭐︎

練習しないとできない難しさと

練習さえすればできること。


言われたことだけやるのではなく

自分が考えて動く事。

決して華やかな一面だけでなく

アシスタント期間があるということ。


全部は伝えられなかったですけど

こういった美容業界のいろいろな角度を見てもらうことにより

離職率も低下するのかと…

なったは現実と理想は違うので辞める!ではなく

最低限の現実を見てもらい

それでも美容師になりたい子はなって

違うとなればならない方が

お互いの為ですしね。


そんなことを少しでも理解していただければ

イベントに参加した意味もあったんではないでしょうか?

また機会があればサロンで高校生向けに職場体験などしてみたいですね⭐︎


では!




 




最近、二五八祭の職場体験の件もあり


美容師になりたい高校生と良く話します!


自分のまわり(お客様)も含め


なりたい又は興味があるという高校生が10人ほどいます⭐︎


この中で本当にどれくらいの人数が


美容学校に行くのか


行ったとしても


3年以上続く子はどれくらいいるのか


スタイリストになる子は


経営者になる子はって考えて


今のままの比率でいけば


経営者は1人か2人…


運悪ければ0人かも…


どこまでの願望があるかは人それぞれですが


自分が関わっている10人のうち

自分の店で雇う雇わないも別として

できるだけ多く

最低限スタイリストで活躍できるよう

最大のバックアップをしていきたいと思います⭐︎


未来の美容師!


とりあえず3年は忍耐だ!


共に頑張りましょう⭐︎



またこんな話しも!


では!




 




みなさんヘアカラーっていつからされてますか?


まだされてないですか?


ヘアカラーってその環境によって


できる・できないもありますよね…



まず、カラーに興味を持ち出すのは中高生ではないでしょうか?



今日は学生編でいきます☆



もうすぐ新学期!


早い所ではもう始まっていますね☆



そこでよく聞く話しが…



『頭髪検査』



学校によって違いますが…



最近、厳しいですね…



専門的に言うと6レベル以下がオッケーなのかなっという印象ですね。



高校生については校則でカラーは禁止とされている学校がほとんどだと思います。



夏休みだと1ヶ月以上学校に行かなくていいので



部活、バイトなど弊害のない生徒は夏休み限定でカラーする子も多いです。



まぁそこに関してはいいと思うんですが…



後からの事考えていますか?



明るくして


学校始まる前に黒染め…


そのうち色落ちして…


頭髪検査でアウト!


また黒染め…


これを一年間に何回か繰り返し


次の年の夏休みに『明るくしたい!』っといってカラーする。


1年間で蓄積したダメージの上に黒染めを剥離するためにブリーチ…


余計にダメージ…


新学期前に黒染め…


まぁこれを繰り返すわけです…


大人が考えたらぞっとする話しですが…


高校生たちはわかってやってるのかわかってないのか…


これは普通に起こっている出来事です!



なのでいろいろな事を考えると


大学に行けば…



社会人になれば…(会社・職種にもよりますが…)



カラーできるんで…



そこからでいいんじゃないでしょうか?



またはカラーしてもあまり明るくしすぎない


ブリーチを使わない範囲内で…



ぐらいがいいですね☆






後は高校の先生に対しては



もうちょっと指導するなら知識をもっていただきたい。



某高校の先生が知り合いの美容師にこんな事を言った事があるそうです。



生徒の髪が黒染めしてもすぐ明るくなる…


生徒は黒染めをしたと言っても結果的に黒くなっていない…


生徒の言う事は信じたいが、黒くもなっていない…


なぜなんでしょう?



個人的にはすごくいい先生かなっと!



理解しようとしてますよね☆



普通の先生は明るいから黒くしてきなさい!



それしかいいません!



生徒が黒染めした!っと言っても



まだ明るい!もう一回しなさい!



この繰り返し…



もちろん真っ黒な薬剤を使ってなかったり



1週間髪色戻したるものも売っていますので



そんなことをしている生徒もいるかも知れません…



でも、ちょっとした知識(パターン)だけ勉強して頂ければ見抜けますし



改善策も見えます。



悪気がなくても市販の薬剤のチョイスを間違っている子もいます!



なので、、、



指導する側も少し歩みよって頂きたいなっと…



最近の若い先生たちは自分もカラーした事があると思うんでわかってる先生も多いと思いますが…



まぁこんな感じの高校生のカラー事情…



いろいろな立場(生徒・親・教師)があると思うので難しい問題ですが…



美容師としては



『一回カラーした髪は黒染めをしてもだんだん剥がれてきます!』それだけです!



理解し合いながらヘアカラーを楽しんで下さい☆




では!





ヘアカラーの関連記事はこちら!



〈ヘアカラー〉秋冬の新色導入☆




カラーの色の流行って??今年の夏は??冬は??何が流行るの???





 

↑このページのトップヘ